アミノ酸系のメリット

洗浄成分の中でも最も低刺激で肌に優しいとされているのがアミノ酸系の洗浄成分です。商品の成分表示を見てみると、どの商品がアミノ酸系のものなのかがよくわかります。ココイルグルタミン酸Naといったような洗浄成分が書かれているとアミノ酸系の洗浄成分の商品だということを示しています。アミノ酸系の商品を希望する方はまず成分表示を良く確認するといいでしょう。

アミノ酸系のシャンプーの大きな特徴として低刺激な点が挙げられます。そのため頭皮が刺激を感じやすい方、かゆみが発生しやすいなどデリケートな頭皮をしている方はこのタイプが最も合っています。また洗浄力がマイルドなので乾燥肌の方もこのタイプがぴったりです。頭皮が乾燥しやすい方は脂性肌用のシャンプーなどを使用するとより一層乾燥が進行していきます。それによって抜け毛を引き起こる場合があります。

アミノ酸系のデメリットとして泡立ちが悪い、値段が高めという点があります。泡立ちがあまり良くないという意見が多いのですが、本来あまり泡立ちがいいとそれだけ刺激が強いと言えるのです。ですから本来泡立ちが良すぎない商品の方が髪と頭皮には優しいものなのです。また価格の面のデメリットもありますが、低刺激な商品を希望の方はこのタイプをお勧めします。

守り髪・・・関連資料
アミノ酸系保湿成分が入っているシャンプーです。

その他の洗浄成分

アミノ酸系の洗浄成分以外のタイプのものについてですが、石鹸系と石油系のタイプがあります。石鹸系のものは石鹸を洗浄成分としています。石鹸は手や体を洗う際には刺激を感じにくいですが、髪と頭皮に使用する場合には汚れだけではなく頭皮の潤いまでも除去してしまう恐れがあります。それによって体は余分に皮脂を分泌し、頭皮がべたついたり毛穴をふさいでしまうこともあります。また脂性肌の方の場合より一層べたつきやすい髪質に変えてしまう恐れがあります。また石鹸系は髪が絡みついたりしやすいので洗髪自体が難しいものです。ですから人によっては断念してしまうこともあり得ます。

石油系のシャンプーの特徴として洗浄力がとても強いという点が挙げられます。使用感が良くさっぱりした感覚を得やすいので使用した時に気持ちいいと感じる方も多いものです。しかし反面洗浄力が高いため乾燥しやすくかゆみが発生してしまうこともあります。また潤いが足りないために皮脂の分泌が過剰になることもあります。メリットとしてはとてもリーズナブルなので購入しやすいという点が挙げられます。価格の面でメリットは大きいものですが、髪や頭皮がデリケートな方には向いていないと言えます。